メニュー

胃内視鏡検査(胃カメラ)

胃内視鏡検査とは、細い管状のカメラを口などから挿入し、食道・胃・十二指腸を直接観察する検査です。検査によって、逆流性食道炎、食道がん、胃炎、胃十二指腸潰瘍、胃がん、ピロリ菌感染の有無などが診断できます。特に従来のバリウム検査では発見が困難な早期のがんを見つけることも可能です。

 

当院では、患者さんにとって負担の少ない、細径の内視鏡(先端部が5mm程度)を用いて口から検査を行います。熟練した専門医が検査を行いますので、検査時間は概ね5分程度でほとんど苦痛もなく終了します。検査時には鎮静剤(注射)を使用せず、スプレーによる簡単な咽頭麻酔のみ使用しますので、車でご来院の方でも、検査後すぐの結果説明が可能です。

検査は予約制ですが、日時や検査でご不明な点があれば、電話でお問い合わせ下さい。

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME