メニュー

診療案内

一般内科

内科系の診療所には、消化器科を始め循環器科、呼吸器科、心療内科、神経内科など多くの専門科があります。
一般内科は、身体に何らかの症状がある方を、最初に診察する診療科です。

感冒症状、腹痛下痢などの胃腸炎症状、頭痛やめまい、発疹、インフルエンザなどの感染症、花粉症など、一般的によくある症状や疾患に対応します。
また、高血圧症、糖尿病、コレステロール高値などの脂質代謝異常、痛風などいわゆる生活習慣病の治療も行います。
また、ストレスや不安、不眠、自律神経の乱れなどによる体調不良、不定愁訴(原因がわからない種々の不調)や、健康上の不安などにも対応します。
さらに健康診断やドック等の結果でわからない点があれば、その説明や精密検査、二次検査にも対応します。

より専門的な治療や手術などが必要と判断した場合には、要望も伺い適切な医療機関や専門医への紹介をいたします。
どの診療科を受診すればよいか悩むようなことがあれば、まずは気軽に受診いただければと思います。

消化器内科

消化器内科では、食べ物の消化や栄養素の吸収などのために働く器官である消化器についての診療が行われます。具体的には、食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆道(胆のう、胆管)、すい臓が対象になります。検査が必要と判断された場合には、腹部超音波検査(エコー検査)や内視鏡検査を当科で行います。また、肝臓、胆道、すい臓の精密検査(CT、MRIなど)については、要望も伺い適切な連携医療機関に紹介します。

腹部超音波検査

超音波検査装置

腹部超音波検査(エコー検査)は、消化器内科では聴診器の代わりに使用される簡単な検査です。腹部に潤滑剤を塗って、プローブという手のひらサイズの器具で腹部をなぞるだけで検査できます。人体に害はなく、苦痛も全くありません。当院では絶食状態であれば、予約なしでその場で検査を行っています。対象臓器は、消化器領域では肝臓、胆道(胆のう、胆管)、すい臓で、これらのがんなどは、無症状でもエコー検査が発見のきっかけになることがあります。 他に周辺臓器として、脾臓、腎臓、膀胱、前立腺、子宮、卵巣、腹部大動脈、などの異常も指摘できます。簡便とはいえ、得られる診断情報は非常に多く、有用な検査法と言えます。

胃内視鏡検査

胃内視鏡検査とは、管状の細いカメラを主に口から挿入し、胃内を直接観察する検査です。検査によって、日本人に多い胃がんの早期発見につながることが多くあります。近年では機器の進歩によりカメラの径も細くなり、比較的苦痛も少なく検査可能です。胃の病気の診断には欠かせない検査となっています。

詳しくはこちら

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査とは、細い管状のカメラを肛門から挿入し、大腸全体を直接観察する検査です。日本人の食生活が欧米化している現在、大腸ポリープや大腸がんが増加しており、大腸内視鏡検査の有用性が高まっています。

詳しくはこちら

健康診断

当院では、以下の健診等を行っています。

  • 仙台市国保特定健康診査
  • 仙台市基礎健康診査
  • 社保等被扶養者特定健康診査
  • 前立腺がん検診
  • 仙台市肝炎ウイルス検査
  • 仙台市胃がん健診(胃内視鏡検査)
  • 一般健康診断として、雇入れ時健康診断、定期職場健康診断
  • 任意の健康診断
  • 人間ドック

など

また当院では、各種診断書、証明書の発行も可能です。

内容や料金等の詳細はお問い合わせ下さい。

予防接種

当院では、以下の予防接種を行っています。

  • インフルエンザ
  • 高齢者肺炎球菌ワクチン
  • B型肝炎(HBワクチン)
  • 帯状疱疹 (水痘ワクチン)

詳しくはこちら

発熱外来

発熱症状がある患者さんには、受診時まずは玄関先のインターフォンにて病状を伺います。発熱外来専用の仮設診察室にて診察を行い、必要に応じてコロナウイルス抗原検査、PCR検査を行います。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME